保育士求人サイト > 保育士給料 > 保育士と他職種、給料・年収の差

保育士と他職種、給料・年収の差


保育士給料の2%引き上げ

保育士と他職種、給料・年収の差に関する情報です。

4月26日に安倍晋三首相が発表した『1億総活躍国民会議』の中で、2017年度から、保育士の給料を2%引き上げる方針を打ち出されました。

月額換算で約6,000円~1万円でしょうか。

保育士の給料低い

しかし現場の保育士の声として、

「最低2~3万円アップしないと厳しい」
「月額5万円は増えてほしい」

という意見が多く見られます。

そもそも保育士給与の引き上げが打ち出された理由として、

「他職種よりも平均給与が低い」

という深刻な問題があるんですよね。

保育士の求人数は多いものの、大学や専門学校を卒業しても保育園に就職しない『潜在保育士』が増えています。

卒業までは保育士を目標にしていても、実習に行って現実を知り、仕事と給与が釣り合わないと感じれば、「保育士として働くのは、まだ先でもいいかな…」と考えるのは普通かもしれません。

もし給与が他の職種・職業よりも高かったり、最低でも同じ基準なら、潜在保育士の問題は解決される可能性が高いですね。

将来的な給料アップを期待しましょう

看護師や薬剤師もブランクが空くことがありますが、育児を経て復帰する際は、同じ職業を選ぶことが多いでしょう。それはパートやアルバイトでも時給が高く、短時間勤務でも家計のサポートが期待できるからです。

しかし保育士収入は現状、「まだまだ厳しい」と言わざるを得ません。

他職種との差は100万円以上と言われています。月々の給料の差にして、5万円~10万円は違うようです。

あくまでも平均年収・平均給与なので、保育士より収入が低い仕事もありますが、保育士の全国平均年収が214万円というデータを見ると、やはり全体的に収入が低いですね。

無資格で働ける職業ではないですし、保育のプロとして勉強を重ね、卒業までに資格取得して働くわけですから、せめて他職種と同じくらいはお金が欲しいですよね。

現状では飲食店のアルバイトと変わらない基準かもしれませんが、待機児童の問題がクローズアップされていますし、将来的に保育士の給与がさらに上がることも考えられます。

それが何年先かは分かりませんが、まずは2%アップの方針に期待しましょうね。

技術の高いベテラン保育士の給与に関しては、さらに手厚く(最高で月額4万円アップ)配分されますしね。

給与が低くても保育士求人を探す

私も色々な仕事に就いてきましたが、

「少しでもワクワクする仕事」
「成長を実感できる仕事」

を選ぶ方が、精神的に安定します。

潜在保育士に話を聞くと「子供と関わるのは好き」という感想を持っている方が多いです。

今は給与が低いかもしれませんが、生活に支障がなければ、求人を探してみてはどうでしょうか?

すでに保育士として働いている場合も、保育士求人サイトの非公開求人の中に、高給与の案件が含まれているかもしれません。

平均年収200万前後でも、あくまでも平均なので、年収300万以上の保育士求人が見つかる可能性もありますよ。

ぜひ転職求人サービスを利用してみて下さいね。

【関連記事】
高時給な派遣保育士
デパート内保育所・託児所 保育士求人
パート保育士 時給相場


保育士求人サイト

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

保育士と他職種、給料・年収の差:関連ページ

賞与4ヶ月以上 保育士求人
目次1 保育士の給料への不満2 ボーナスによって年収は異なります3 賞与がいつ支給されるのか?もポイント 保育 […]
冬のボーナスをもらってから退職
目次1 退職を考える時期で多いのが…2 保育士 転職活動を始めるタイミング 退職を考える時期で多いのが… 冬の […]
保育士の給料が上がらない理由
目次1 保育士の給料のしくみ2 仕事の忙しさ、責任の伴った給料・年収が得られていない不満3 保育士年収アップの […]
保育士の給与、ベテランに手厚く
目次1 給料引き上げで保育士不足は解消される?2 ベテラン保育士の給与アップによるメリット 給料引き上げで保育 […]