保育士求人サイト > 病児保育 > 病児保育の仕事内容

病児保育の仕事内容


病児保育の仕事内容

病児保育に関連した保育士求人をお探しのあなたへ。

病児保育の職場には医療施設併設、保育所併設、単独型がありますが、どの職場でも保育士の仕事内容・役割は共通しているようです。
病児保育
具体的には、病気の子供の保育ですね。親が仕事を安めない場合に病児を預かる病児保育施設において、子供たちをリラックスさせる役割を担うことになります。

医療行為を行うことはありませんが、周囲の看護師と協力しながら子供たちをサポートする仕事ですね。

近年、病児保育のニーズが高まっていると言われていますが、保育士の求人案件はまだまだ少ないかもしれません。その分、実際に病児保育に携わることが出来れば貴重な経験を積むことが出来るでしょう。

給料に関しても、一般的な保育園より高額になることが多く、月給20万円以上稼げるケースもあるようです。その辺りは地域によっても異なりますので、まずは保育士求人サイトへの無料登録から始めると良いですね。

先ほど「病児保育の保育士求人は少ない」とお伝えしましたが、それと反比例するように保育士からの人気は高いです。病児保育は預かり人数が少ないことが多く、1人1人の子供と向き合える時間が長いんですよね。

園児の多い保育園、幼稚園で働いた経験がある保育士さんなら分かると思いますが、子供の相手をするのは予想以上に体力を使います。子供は遊ぶのが仕事ですから、常に遊び続けていますし、なかなか言うことを聞いてもらえない時もありますよね…。

特に20代で育児経験の無い保育士さんは、自由奔放な子供に疲れてしまうケースも多いと聞きます。

保育士になる前は「子供が好きだから保育士として働きたい」「子供が可愛いから保育士の仕事に就きたい」と思っていても、実際に働いてみると、子供には天使の側面もあれば、時に悪魔の顔を見せることもあるんですよ。

自分の子供時代を振り返ってみても、いつもケンカしている子もいれば、女の子にいじめられて泣いている子供もいましたし、中にはお昼寝の時間にこっそり起きて、保育園や幼稚園から脱走する子供もいましたね。

脱走して事故が起これば保育園の責任も問われますし、そう考えると1人1人とじっくり向き合える病児保育も魅力的ですね。それに病児保育は残業が少なく、土日祝日が休みの求人も多いと言われています。

もろちん病児への対応なので仕事内容として難しい側面もありますし、医療知識や看護の知識が必要なこともあります。医師や看護師と連携を取る必要があるため、幅広いコミュニケーション力も大切になりますが、それでも魅力的な仕事ではないでしょうか。

その他、詳細に関しては保育士求人サイトへ登録して問い合わせてみて下さいね。


保育士求人サイト

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓