保育士転職

【保育士 転職理由】保育方針の違い

投稿日:


保育園によって保育方針は様々

保育園によって保育方針は様々です。

特に私立の保育園は法人独自の保育方針を作って保育を行っており、働く保育士にとっては合う合わないという事があります。

保育士として経験が豊富なベテラン保育士でも保育園が変われば今までやってきた事が通用しない場合もあると聞きます。

ひとつの保育園で長年勤めてきた保育士にとっては保育方針が変わるという事は大きな問題になる事です。

長年、自分が培ってきた保育観、子供との接し方、指導方法が身についているベテラン保育士でも環境が変わる事で今まで身に付けてきた保育観を変える事は容易ではないようです。

他にも転職したはいいが、実際に働いてみると自分に合わない保育園だという事ですぐに辞めてしまう保育士の方も少なくはありません。

子供のお世話をするのが好き、子供の面倒を見るのが好きだけど自分の保育についての考えと保育園の方針が合わずになくなく保育園を退職していく保育士も多いと聞きます。

この保育方針の違いが理由で転職をする保育士も多いようです。

保育園とのミスマッチを防ぐには

やはり、転職をする際にはこうした保育園とのミスマッチは防ぎたいものです。

しかし、求人を探す段階でその保育園の保育方針などを徹底的に調べたとしても実際に働いて見ないとわからない事は多くあります。

このような保育園とのミスマッチを防ぐためにも保育士の転職をサポートしてくれる保育士求人サイトでは求人に応募する際に、職場見学・職場体験できるサービスを実施しています。

入園する前にその保育園がどのような方針で保育をしているのか、どのような保育士が働いているのか、保育園の雰囲気はどうなのかを自分の目で確かめる事ができ、保育園とのミスマッチを防ぐ事ができます。

この現場見学・職場体験をできるという事は保育士求人サイトを利用する大きなメリットになります。

現場見学・職場体験ができて自分の目で保育園を見極める事ができるので就業後のアンケートでは多くの方が満足と回答しています。

後悔のしない転職・失敗のしない転職を行うためにも現在、転職をお考えの保育士は保育士求人サイトを利用して現場見学・職場体験を利用する事を検討してみてください。

利用者満足度の高い保育士転職エージェント 詳しくはこちら

-保育士転職

Copyright© 保育士求人サイト|保育園から民間託児所まで , 2020 All Rights Reserved.