保育士の仕事

保育士のキャリアアップ

投稿日:

保育士のキャリアアップについて

保育士のキャリアアップについてお伝えしますね。

保育士資格があれば、年齢を重ねても働き続けることが出来ます。立ち仕事が多いので足腰の負担はありますが、私の叔母も保育士として60代まで働いていましたし、40代、50代の保育士も多いですよね。
保育士として働く
その過程でライフスタイルが変化することもあれば、順調にキャリアアップが実現するケースもあるでしょう。

大きくライフスタイルが変わるのは結婚と出産ですが、その後も復帰しやすいのが保育士ですし(育児経験を活かしやすい)、状況や環境が変わっても、着実にキャリアを重ねる保育士さんも多いですよ。

キャリアアップを役職と結び付けて考えるなら、まずは新人保育士として就職することになりますね。

次に大規模な保育施設なら乳児リーダー、幼児リーダーを目指すのが一般的です。そのようなリーダー職に関しては、保育園によっても規定が異なりますし、リーダー職そのものを設定していない園もあります。

特に小規模な保育園には、主任保育士はいても乳児リーダーがいない、というケースもありますね。

いずれにしても言えるのは、新人保育士として経験を積んだ後、管理的なポジションであ保育士リーダー、主任保育士へのステップアップが基本ということです。

それぞれ求められるスキルがありますので、まずはしっかり保育経験を積むことが大切になりますね。

また、新人(初任者)として就職してすぐは、日常保育業務や職場理念を学んだり、保育士としてのルールやマナーを身に付けるのではないでしょうか。

その後にクラス担任を任されると思いますが、クラス担任も含めてキャリアアップを考えるなら…

新人保育士 → クラス担任 → リーダー職(経験しない方もいます) → 主任保育士

となりますね。

主任保育士へ転職後、知識と経験を重ねながら見えてくるポストが副園長・園長です。

副園長を経験した後に園長になる方もいれば、副園長を経験しないで園長へ転職する方もいます。その辺りは求人探しのタイミングや、あなたがお住まいの地域によっても変わる部分です。

保育施設の求人が豊富なエリアにお住まいなら、副園長、園長の求人を見つけやすいでしょうし、逆に求人募集が少なければ、副園長でも園長でも新着求人を見つけ次第、積極的に履歴書・職務経歴書を送ると良いですね。

以上をまとめると、保育士のキャリアアップは以下となります。

新人保育士 → クラス担任 → リーダー職(経験しない方もいます) → 主任保育士 → 副園長・園長

より詳細な情報に関しては、サポート型の保育士求人サイト・人材紹介サービスに無料登録して相談されて下さい。

保育士のキャリアパス・キャリアアップに加え、実際に募集されている求人の動向に関しても教えてもらえますし、情報収集を兼ねて求人サイトを利用している保育士さんもいますよ。

【関連記事】
休日が多い保育園からの求人
キャリアアップのための保育士転職
保育士求人への応募前に、保育園見学を

利用者満足度の高い保育士転職エージェント 詳しくはこちら

-保育士の仕事
-, ,

Copyright© 保育士求人サイト|保育園から民間託児所まで , 2020 All Rights Reserved.