保育士転職

保育士の転職理由

投稿日:


保育士が転職をする理由で最も多いのが人間関係

保育士へ転職をお考えの方はそれぞれで理由が違うと思います。

保育士が転職をする理由で最も多いのが人間関係になるようです。

女性が多く働いている保育園では女性特有の人間関係がある事が多く、派閥ができていたり、ベテラン保育士にいじめられたり、など。

他にも園児の保護者とうまく付き合っていく事も保育士には大切な事になります。

保育士にきつく当たる保護者の方も多く、保護者との付き合い方で悩んでいる保育士さんも多くいると聞きます。

このように仕事場での人間関係や保護者との付き合い方を苦に保育士を辞めてしまう、違う職場に転職をする保育士も多く、転職理由で最も多い理由が人間関係になります。

給料が低いという理由や忙しいからという理由で転職をされる保育士も多い

他にも給料が低いという理由や忙しいからという理由で転職をされる保育士も多いです。

保育士という職業は仕事の割には給料が低いと言われている職業になります。

一日中子供と接する事は体力も必要になりますし、子供安全を第一に考えなければいけないので気も遣い、精神的にも負担がかかる仕事になります。

その上、事務的な仕事は園児が帰宅してから行う事になるので残業も多かったり、家に仕事を持ち帰る事もあると言います。

このように給料や年収アップを図りたいという理由で転職をする保育士は多くいるようです。

転職理由を聞かれた時はポジティブに言い換える

転職をする際に必ずといっていいほど聞かれる転職理由。

この転職理由によっては保育園に悪い印象を与えてしまう事になるので注意が必要です。

たとえ上記でご紹介したような人間関係や給料面の事が原因で転職をするとしても人間関係・給料面が原因で辞めたという事を転職理由にするのはおすすめできません。

このような転職理由はネガティブな転職理由になりマイナスイメージに繋がります。

採用をする保育園側も「うちで働いても同じことになるのでは?」という印象を与える事になります。

ですので転職理由を考える時はポジティブに言い換える事がポイントになります。

人間関係が原因で転職をする際には、「職場のみんなとうまくいかなかった」という理由ではなく、「もっと色々な人と一緒に仕事をして保育士として、人間としてスキルアップしたい」「保育に関する考えを共感できる仲間と働きたい」というようにポジティブな理由に言い換える事で保育園に与える印象も大きく変わってきます。

給料面や忙しさが理由で転職をする場合は、「給料が低いから」「残業代をもらえないから」「重労働だから」ではなく、「自分の事をしっかり評価してくれる保育園で働きた」「1人ひとりの子供としっかり向き合いたいから」というような理由に言い換える事ができれば保育園にも良い印象を与える事ができるでしょう。

転職理由を採用判断の材料している保育園もあると言いますので、転職理由を聞かれた時はネガティブすぎる理由は避け、なるべくポジティブに言い換えて伝えるようにしましょう。

利用者満足度の高い保育士転職エージェント 詳しくはこちら

-保育士転職

Copyright© 保育士求人サイト|保育園から民間託児所まで , 2020 All Rights Reserved.