保育士の仕事

保育士 復職のタイミングで多いのは?

投稿日:

保育士として復職したい、という場合

保育士資格をお持ちの方の中には、復職しようと思いつつ、いつのタイミングで復職しようかと迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
家庭と両立しながら働きたい
結婚しても夫婦共働きという世帯が多くなってきており、会社などにもよっても異なりますが、妊娠や出産により産休や育休後に復職をしたいと思っていても、なかなか難しい状況で退職する女性もいます。

早めに職場に復帰をと考えている場合でも、出産の翌日から8週間は産後休業する必要があり、それ以前に復帰をする場合には医師の許可が必要となってきます。

また通常分娩の場合、女性の体は産後、産前前の体へ戻る期間も6~8週間の産褥期と言われており、体が回復するまでの期間の事を示しています。

復職の最短では、生後2ヶ月からできるとされていますが、2ヶ月はまだ授乳期であり首もしっかりと座っていないので、早くても離乳食時期の6ヶ月から復帰する方が増えるでしょうか。

生後半年でも復職のタイミングとしては早い方かなと思います。

一番多いのは育休をフルに活用し、子供が1歳になった時に職場復帰をするママが多く、日々成長する子供を見れたと言う声が多いそうです。

しかし、1歳で保育園に入園する子供は多く、認可保育園などの倍率はとても高くなってしまいます。
ですので復職にあたって、あらかじめ準備を必要としておくこともあるとされています。

そのため、保活を出産後すぐに始める方も中にはいるんです。
タイミングとして、すぐに始めないといけない場合もあるんですね。

出産ごですから当然休みたい。
けれど、休めない。

大変ですが・・・待機児童の問題がある以上は、避けられないご家庭も多いのかと思います。

保育士として復職する際の注意点

保育士として復職を考える上で、気をつけたい点・保育士求人情報についてです。

・家事や育児はこなせるのか?

仕事をするにあたり避けては通れないと言えますよね。
復職を考えている場合、今の状況を考えて子育てと家事の両立などいろいろあり、子供が熱を出したら仕事を休まなくてはいけません。
そのため身近に協力してもらえる人がいるのか?という点は重要かもしれません。

・子供を預けれるところを確保する

認可保育園などは待機待ちの児童が大勢います。
ですので、認可保育園以外にも無認可保育園も視野に入れて考えておくようにしましょう。
無認可保育園となると、子供が小さいほど金額も高いところもありますのでので確認をするようにしましょう。

・保育士としてブランクがある場合

復職支援セミナーに参加し、復職にあたっての必要な事を知っておく。
今では地方自治体や保育や福祉施設、人材サービス会社などいろいろな機関で行っています。

・求人情報収集する

インターネットなどでは、保育士に特化した専門求人サイトがあります。
保育士専門の求人サイトでも、カウンセラーやコンサルタントに相談できる所に登録した方が良いです。
自分が希望する職場が見つからなかったり、どんな職場がいいのかわからなかっりした場合など、相談出来たり、条件に合った職場を紹介してくれます。

保育士の場合一般の会社員と違うところは、子育て経験があることにより復職に有利になるケースが多いとされています。
子育てが落ち着いてから復職される方もいますので、自分の復職のタイミングを知ることが一番大切な事かもしれないですね。

利用者満足度の高い保育士転職エージェント 詳しくはこちら

-保育士の仕事
-, ,

Copyright© 保育士求人サイト|保育園から民間託児所まで , 2020 All Rights Reserved.