保育士求人

保育士 担任業務の求人

投稿日:

一人担任と複数担任、どっちがいい?

複数担任

保育士、担任業務の求人に関する情報です。

担任業務の負担は「一人担任、もしくは複数担任」によって変わりますね。

複数担任制の方が、他の担任に色々と聞ける分、仕事的には楽かもしれません。

年間計画、児童票をはじめ書類作成の仕事も多いですし、園児ひとりひとりの対応に関しても、一人担任は悩みが深いのではないでしょうか。

保育士歴が長いベテランなら上手く対処できると思いますが、担任業務を任されて日が浅ければ、複数担任制の求人を中心に探す方が良いかもしれません。

いずれにしても、まずは担任業務の求人探しから始まりますので、保育士案件が豊富な人材紹介会社を利用して下さい。

サポートを受けながら転職活動が出来れば、時間的にも余裕が生まれます。

全て自分で探すより、精神的にも体力的にも楽ですから、上手に紹介会社を利用すると良いでしょう。

一人担任、複数担任のメリット&デメリット

実際に担任業務の求人を調べてみましたが、ある程度の経験を重視する募集が多いようです。

・保育士として3年以上の経験
・クラス担任の経験

など条件面が明確な求人もあれば、求人ページに条件は記載されていないけれども、経験豊富な保育士を念頭に置いて募集している保育園もありますね。

先ほどお話ししたように、「一人担任、もしくは複数担任」によっても募集条件は異なります。

どちらにもメリット、デメリットがありますが、人間関係に悩んで転職を考えていたり、すでに前の保育園を退職して就活中でしたら、一人担任制の求人を探す方が良いと思います。

やはり一人担任の方が自由さがありますし、複数担任のように人間関係で悩むことは少ないでしょう。その反面、

・クラスの子供ひとりひとり、責任を持って見る必要がある
・仕事量が複数担任制より多いことがある
・保護者対応などのトラブルに一人で対応するシチュエーションが多い

というデメリットはありますが、その辺りはあなたの保育士経験、保育技術によっても変わりますね。

複数担任制の業務は、子供たちを細かく見ることが出来る、保護者対応に時間をかけられる、などのメリットがありますが、

・先生間の人間関係が難しい
・対応の仕方に違いが生まれる

などのデメリットもありますから、あなたに合ったクラス担任の仕事をイメージした上で、紹介会社に希望を伝えると良いでしょう。

上記のような担任制の違い以外にも、給与・年収優先で仕事を探したり、通勤しやすさ、交通の便の良さを重視したり、それぞれ理想の園は違いますので、まずは希望条件の整理からはじめてください。

その後に保育士求人が豊富な紹介会社へ登録することで、スムーズに仕事を探すことが出来ますよ。

【関連記事】
パート保育士 時給相場
デパート内保育所・託児所 保育士求人
保育のお仕事 口コミ

利用者満足度の高い保育士転職エージェント 詳しくはこちら

-保育士求人
-, ,

Copyright© 保育士求人サイト|保育園から民間託児所まで , 2020 All Rights Reserved.