男性保育士

男性保育士の求人ニーズ

投稿日:

男性保育士の求人って多いの?

男性保育士の求人ニーズですが、保育園以外に児童養護施設からのニーズが高くなっていますね。

児童養護施設は体力が必要な仕事も多いので、男性保育士限定で募集していることもあります。そのような求人ニーズを捉えることで、男性の転職、就職もしやすくなるのではないでしょうか。
保育園で保育士として働く
保育園、幼稚園の求人に関しても、男性を想定して募集されることがあります。そのような求人案件に関しては、保育士求人サイトのコンサルタントから紹介を受けられるケースが多いですね。

児童養護施設、保育園以外の求人としては、乳児院、児童養護施設、障害児施設などがあります。特に障害児童園施設からの男性保育士求人ニーズが高いようです。

近年「待機児童」の問題が深刻化していますし、延長保育に対応している保育園も多いですよね。そのような延長保育、夜間保育に関しても、男性保育士の方が働きやすいのではないでしょうか。

やはり女性だと「夜間保育は働きづらい。帰宅時間が遅くなるのはちょっと…」と避けている方もいますし、そのような求人ニーズもあると思います。

詳細に関しては保育士求人サイト、転職エージェントに無料登録した後、担当者に聞いて頂きたいのですが、まずは求人探しというアクションを起こすことが大切ですね。

実際に動かなければ分からないことが多いですし、案外スムーズに転職先が決まることもありますよ。

男性保育士の中には「保育園や幼稚園を運営することに興味がある」という方もいらっしゃると思います。その場合、1つの保育園で長く働くよりも、様々な保育園、幼稚園、児童福祉施設や乳児院で働く方が学べることも多いですよね。

もちろん転職には年齢も関わってきますし、就職して1ヶ月~2ヶ月で退職しては、次の職場も決まりづらくなります。

しかし同じ保育園で2年以上働いていれば、職務経歴書に堂々と書くことが出来ますし、スキルアップ、キャリアアップのための転職と好意的に受け止めてもらえるケースが多いと思います。

また、保育園以外にベビーシッターとして働くという選択肢もありますよね。ベビーシッターは男性も多いので、求人ニーズが高いかもしれません。

まずは保育士求人サイト、転職支援サービスに無料登録して、相談されてみて下さいね。

利用者満足度の高い保育士転職エージェント 詳しくはこちら

-男性保育士
-,

Copyright© 保育士求人サイト|保育園から民間託児所まで , 2020 All Rights Reserved.