病棟保育士

病棟保育士 仕事のやり甲斐

投稿日:


病棟保育士のやりがいは子供から笑顔をもらうこと

仕事にやりがいがあるという事はとても大切になる事です。

保育士のお仕事にはやりがいが多くあり、やりがいを求めて保育士へ転職をしてくる方も多くいます。

ここでは病棟保育士の『仕事のやりがい』をご紹介しています。

病棟保育士の仕事内容は大学病院や小児病棟で闘病中の子供の心身のケアをする事です。

保護者から離れて入院をしている子供が安心して入院生活を送れるようにサポートする事が病棟保育士の重要な役割になります。

この病棟保育士にも多くのやりがいがあると聞きます。

病棟保育士のやりがいで最も多いのが子供たちの笑顔が見れた時だといいます。

子供と一緒に遊んでいる時の子供の笑顔から元気をもらう保育士は多くいるようです。

子供は闘病中という事もあり、元気がない子供や不安になっている子供が多くいます。
そういった子供とうまくコミュニケーションをとり、子供が笑顔になってくれた時は心のそこから嬉しい気持ちになると言います。

子供1人ひとりと真剣に向き合っている分やりがいも大きい

他にも元気になって退院をしていく姿を見た時も大きなやりがいを得られると言います。

病棟保育士は一般的な保育士と違い、子供の病気の症状によっては接し方に注意しなければいけません。

保育士でもその病気についての知識を身につける事も必要になり、子供1人ひとりと真剣に向き合って心のケアをしていく事になります。

子供にどう接すればいいのかわからず悩む時も多くあると言います。

こうした事を乗り越えながら子供と毎日を過ごしていきます。

自分が面倒を見ていた子供が退院をした時に『この仕事をやっていて良かった』『あの子の役に立てて良かった』というやりがいを得る事ができると聞きます。

保護者からも元気をもらう事もある

病棟保育士は子供だけではなく、親からも元気をもらう事があるようです。

保護者の代わりになって子供の面倒をみる事も病棟保育士の役割のひとつになります。

日頃の感謝を伝えてくれる保護者の方や手紙を書いてくれる保護者の方もおり、保護者の言葉から元気をもらっている病棟保育士も多くいると聞きます。

病棟保育士のお仕事は決して楽なものではありません。辛い事も多くあると言います。

しかし、子供の笑顔や保護者からの言葉で元気をもらい、仕事に取り組んでいる病棟保育士は多くいます。

こうした事も病棟保育士のやりがいに繋がってくると言います。

利用者満足度の高い保育士転職エージェント 詳しくはこちら

-病棟保育士

Copyright© 保育士求人サイト|保育園から民間託児所まで , 2020 All Rights Reserved.