保育士転職

若い保育士の方が転職には有利?

投稿日:

保育士の転職、年齢が若い方が有利

保育士の転職は若い方が有利なのでしょうか?

色々と情報収集してみましたが、未経験から正社員を目指す場合、30歳を過ぎると不利になるようです。
保育士の転職活動
その理由として、公立保育園は年齢制限で30歳までと規定されていることが多く、民間の保育園や幼稚園の場合も20代の保育士が求められる傾向にあるんですよね。

もちろん園の方針によって採用基準は異なりますし、中には30代以降の未経験者でも採用されることはありますので、まずは保育士求人サイトに登録すると良いでしょう。

ただし上記は未経験の就職のケースです。

すでに保育園や幼稚園、児童養護施設、病棟などで経験を積んでいる保育士さんに関しては、事情は異なりますね。

正規職員を目指すのか、アルバイトやパートで働くのか、もしくは派遣として勤めるかによっても変わりますが、保育士として一定の経験があれば、比較的スムーズに次の保育園も見つかると思います。

結婚や出産を機に退職し、子育てを経験してから復職する保育士も多いですし、そのような育児経験がダイレクトに役立つ職種ではないでしょうか。

実際、保育園としても育児経験がある保育士を求めていることがありますし、私の親戚も独身時代に公立保育園で働き、結婚、出産で一旦仕事から離れ、子育てが落ち着いてから児童会館で働いていましたね。

育児を経験して子供の気持ちが良く分かるようになった結果、ゆとりを持って働くことが出来るそうです。

立ち仕事が多いので体力的に厳しいこともあるそうですが、「独身時代よりも余裕を持って働ける」と言っていましたね。

そのため、保育士資格があり、実際に保育園で働いた経験があれば、転職先も早期に見付かるのではないでしょうか。

その辺りは働く地域にもよりますね。保育園や幼稚園が多いエリアなら、求人募集も豊富に見られますし、転職活動をしやすいと思います。

逆に求人募集が少なければ苦労するかもしれませんが、保育園が全く無い地域は考えづらいので、まずは積極的に保育士求人を探してみて下さい。

以上をまとめると以下になります。

・未経験から働く場合は若い方が有利
・経験を重ねている場合は、30代以降でも求人が見つかる可能性が高い

利用者満足度の高い保育士転職エージェント 詳しくはこちら

-保育士転職
-, ,

Copyright© 保育士求人サイト|保育園から民間託児所まで , 2020 All Rights Reserved.