保育士求人

賞与(ボーナス)支給が多い保育園の求人

投稿日:

賞与(ボーナス)支給が多い保育園で働きたい!

保育士求人探しの基準は様々ですが、賞与(ボーナス)も大切なポイントになりますよね。

給与にプラスして賞与が支給されれば、色々と使い道を考えられると思います。
好条件の保育士求人
独身の方なら、自分へのご褒美で好きな物を買ったり、そのまま貯金に回したり、旅行の計画を立てることも出来ますね。

結婚されている方なら、家族や子供のためにボーナスを使ったり、学費や保険に回すことも出来るでしょう。

ボーナス一括払いでショッピングやキャッシングされる保育士さんもいると思いますし、賞与を優先して保育士求人を探す方が、仕事のやり甲斐を感じられるかもしれませんね。

収入が全てではありませんが、保育のプロとして収入は分かりやすい評価基準ですし、給与と共に高額のボーナスを得られる方がありがたいですよね。

保育士の賞与平均データを見ると、私立の保育園よりも公立の方が高額になるようです。

公立保育園は公務員ですから、賞与だけでなく、退職金や福利厚生も恵まれているケースが多いですね。老齢年金に関しても、民間の認可保育園より手厚いと言われています。

具体的な金額は勤務年数にもよるので一概に言えませんが、公立保育園で65万円前後、民間保育園で30万円~40万円が平均のようです。

また、私立認可保育園(社会福祉法人)や私立認可保育園(株式会社)よりも、認定こども園、病院内保育の方が、ボーナスに恵まれるケースが多いですね。

もちろん個々の保育園によってボーナスの規定は変わりますし、中には支給されない保育園もあります。見分ける方法としては、求人票に「ボーナス有り」と記載されているかどうかです。

しかし「ボーナス支給有り」と記載されていても、それだけで保育園を選ぶのはリスクが高いですよね。

これから仕事を探す機会があるのでしたら、基本給が低すぎる保育園は避けたいですし、収入以上に仕事がハードな保育園、幼稚園はやはり、避けたいという方が多いのではないでしょうか。

サポート体制が充実している保育士求人サイトを利用することで、そのようなリスクを回避できる可能性が高くなりますよ。

求人動向も含めて、業界事情に詳しいコンサルタントが在籍している保育士求人サイト・人材紹介サービスもありますので…

・ボーナス支給が多くて働きやすい保育園
・夏冬に賞与が支給されて、残業が少ない保育園

などを希望してみてはどうでしょうか?

保育士求人サイトは無料で利用できますので、気軽に利用してみて下さいね。

利用者満足度の高い保育士転職エージェント 詳しくはこちら

-保育士求人
-, ,

Copyright© 保育士求人サイト|保育園から民間託児所まで , 2020 All Rights Reserved.